■レーシック情報:レーシックの失敗例はクリニック環境が原因

レーシックにおける少々酷い失敗例なのですが、感染症を引き起こしてしまう可能性はゼロではありません。
特に多いのが角膜感染症と呼ばれているものであり、手術時に角膜に細菌やウイルスに感染をしてしまうのが原因となります。 最近非常に多くの芸能人やスポーツ選手がレーシックによって視力を取り戻しています。
その影響もあってか一般の人達もレーシックに興味を持ち続々とレーシックを受けているのです。
レーシックでのフラップの作成やレーザーの照射時におきましては、角膜が無防備な状態で出ていますので、その結果感染症を引き起こしやすくなっています。
なので消毒や滅菌などがクリニックでしっかり実施されているかが選ぶポイントとなるのです。

 

レーシックにおきましての失敗例の多くがクリニック側の衛生管理が原因となっている事実があります。
このことから手術そのものの危険性と考えるよりも、クリニック側が大きな問題と言えるのです。

還暦祝い プレゼント
還暦祝い プレゼント
http://kanreki-oiwai-land.com/ranking/



■レーシック情報:レーシックの失敗例はクリニック環境が原因ブログ:2021-08-06

「太っている」「太りだしている」ということは、
食べ物を上手くエネルギーとして使えていない状態なんだそうです。

つまり
体が熱を作り出せず、体温が下がり、
体が冷えているんですね。

そうなると体は寒さから身を守り、
体温を保つために脂肪を溜め込もうとします。

それだけではなく、
内臓の働きが弱まり、便や尿の排泄が悪くなり
体の中に水分が溜まります。
これが、「むくみ」の正体ですね。

そうすると、活動のためのエネルギーが奪われ
体のさまざまな機能が低下し、ますます冷えを起こします。

冷えが起きると、
体はさらに脂肪を溜め込もうとします。

こうして、どんどんと悪循環に陥ってしまうわけです。

こんな状態では、
減量が上手くいくはずもないですよね!

だから、減量を成功させるには、
体の中の余分な水分を排泄し、
むくみを解消する必要があるんですよね。

体の中の水分は、
血液やリンパ液によって運ばれています。
つまり、血液、リンパ液の循環を良くすることが
むくみの解消につながるのです。

ちなみに、ふくらはぎがむくみやすいのは
血液を循環させている心臓から遠いところにあるからなんです。

あたしは、むくみを解消するために
日々、軽い運動をするように心がけています。
血液の流れが良くなりますし、汗をかけば余分な水分も排泄できます。

また、寝るときは、脚を少し高くしていますし、
脚の付け根や膝の裏側などのマッサージも
日課にしています。
これは、力をいれず、さするだけで十分ですよ。



ホーム サイトマップ