■レーシック情報:目に疾患がある時のレーシック

レーシック手術を残念ながら受けることの出来ないケースというのは、目に何らかの疾患がある場合となります。
レーシックというのは、非常に敏感な部分となる目を取り扱っているために、治療を受けられる人に制限があるのは仕方の無いことなのです。 オリンピックや数々のスポーツ大会で大活躍をしているスポーツ選手も続々とレーシック手術を受け始めています。
もうメガネなどに頼る時代は終わりました。これからはレーシックで視力を回復させる時代なのです。
もし目に何らかの病気や疾患を持っていたり、特定の症状がある場合におきましては、治療を断念しなければいけません。
そのようなことはレーシックの事前検査でわかりますので、担当医に従う必要があります。

 

緑内障や白内障の方、ぶどう膜角膜やヘルペス性角膜炎を引き起こしたことのある方はレーシック手術が出来ません。
また角膜疾患を起こす可能性のある薬を服用している方も断られてしまうことがあるのでご注意ください。



■レーシック情報:目に疾患がある時のレーシックブログ:2021-08-19

よく「お酒はダイエット中は控えたほうがいい」
という話を聞きますよね。

理由としてよく言われているのが、
お酒はカロリーが高いから
ダイエットの妨げになるということです。

確かに、お酒にもカロリーはありますから、
あながち間違いではありません。

しかしそれよりも
お酒がダイエット中によくない理由があるんです。

お酒を体質の中に入れることによって、
肝臓をはじめとする体質のありとあらゆる器官が、
アルコールを分解し、排出するための体制に集中をする傾向があります。

ある意味そのくらいアルコールは、
体質のエネルギーを集中させないと
分解、排出することができないともいえます。

でも体質には、他にもいろいろな役割があります。

食べる事の中の栄養分から、
筋肉などの体質の材料を作ったり、
カロリーを消費したりということがあります。

ところがお酒を飲むことによって、
体質の他の作業が一旦ストップしてしまうのです。

筋肉を作ることができなくなると、
カロリーを消費するすべを失います。
ですから、結果的には
お酒によってダイエットの進行を食い止めてしまう形になります。

なので、
ダイエット中、お酒はできるだけ控えたほうがいいでしょう。

もしどうしても禁酒が難しいというなら、
飲むお酒の量ではなく、
お酒を飲む回数を減らすことを心がけましょう!

一切お酒を飲まない日を設定することによって、
体質がアルコールの分解に気をとられることがなくなります。

そのため、ダイエットに集中することができるのです。


ホーム サイトマップ