■レーシック情報:目に疾患がある時のレーシック

レーシック手術を残念ながら受けることの出来ないケースというのは、目に何らかの疾患がある場合となります。
レーシックというのは、非常に敏感な部分となる目を取り扱っているために、治療を受けられる人に制限があるのは仕方の無いことなのです。 オリンピックや数々のスポーツ大会で大活躍をしているスポーツ選手も続々とレーシック手術を受け始めています。
もうメガネなどに頼る時代は終わりました。これからはレーシックで視力を回復させる時代なのです。
もし目に何らかの病気や疾患を持っていたり、特定の症状がある場合におきましては、治療を断念しなければいけません。
そのようなことはレーシックの事前検査でわかりますので、担当医に従う必要があります。

 

緑内障や白内障の方、ぶどう膜角膜やヘルペス性角膜炎を引き起こしたことのある方はレーシック手術が出来ません。
また角膜疾患を起こす可能性のある薬を服用している方も断られてしまうことがあるのでご注意ください。



■レーシック情報:目に疾患がある時のレーシックブログ:2021-05-12

ママが外国語を喋ることができれば絶対にしないのに、
ママが外国語を喋れないとやり出すものに、
子どもへの外国語教育がある。

ママが外国語をきちんと喋れると、
いかに母国語を正確に喋れるかを非常に大事にするので、
子どもの頃に外国語を教えたりしない。

母国語さえきちんと喋ることができれば、
その後の人生で外国語など簡単に学べてしまうからだ。

しかし外国語を喋れないママはこのことが解らず、
母国語もままならない幼児に
外国語を覚えさせようとしてしまうのである。

しかもその愚かなママたちをターゲットにした
外国語の学習塾が存在するので、いい餌食になってしまう。

そのため必死になって我が子どもに外国語を学ばせてしまい、
そのくせ外国語を
きちんと喋ることができないという現実に直面してしまうのである。

母国語がきちんと喋れるからこそ、
外国語をきちんと喋れるようになれるのであって、
母国語の理解度が低ければ、外国語の理解度も低くなってしまう。

だから幼児期には外国語など学ばせず、
母国語だけに限定して教え込んでしまった方が、
その子どもの脳のためには非常に正しい選択となるのである。

そもそも子どもというのは、
自分から外国語を習いたいなどと決して言い出さない。

ママの意思によって
子どもは外国語を学ばされるに過ぎないのだ。

ママが外国語を喋れないのなら、
無理矢理に我が子どもに勉強させるのではなく、
自分が自宅で外国語の勉強でもしていればいいのである。

自分がきちんと外国語を喋れるようになったら、
子どもに外国語を教えようなどという考えは変わってしまうものだ。


ホーム サイトマップ