■レーシック情報:レーシックは妊娠中は避けるべき

レーシック手術というのは、妊娠中や出産した直後におきましても、受けることは出来ます。
しかし一般的にはどのクリニックに相談を行ったところで、妊娠中や出産直後の方はレーシックを断られてしまうことがあります。 あまりにも数多く存在しているレーシックに関する情報サイトの中には、経験の浅い医師のクリニックが紹介されていることがあります。
レーシックはとにかく経験豊かな医師へ相談をすることが最も大切なことなので、事前に調査をしておくようにしましょう。
レーシック手術後に使うこととなる点眼というのは、ごく少量ですが体内の赤ちゃんに影響の出てくる可能性があります。
ですのでどんなに妊娠中でレーシックが可能でも、出来る限り避けるべきだと言えます。

 

妊娠中や出産直後の女性の年齢でしたら、決して焦ってレーシックを受ける必要はありません。
授乳が終わった時期に、レーシックの適性検査を受けるようにしましょう。



■レーシック情報:レーシックは妊娠中は避けるべきブログ:2021-01-22

水はの体質中では
血液や皮膚、筋肉、臓器、骨、などあらゆる場所にあり、
成人では体質の約6割が水分で構成されています。

一日に必要な水分量については諸説あり、
一概にこれだけと言い切れませんが、
人間の体質は安静にしていても最低1200mlは必要なので、
一日あたり、
1500ml(1.5L)〜2000ml(2L)の水分補給が望ましいとされています。

一日で体質から出て行く水分は
便と尿で1400ml、汗と呼気で900ml…
合計2300mlの水分が排出されています。

ですから、
失われる水分を補給する意味でも
一日2Lの水分は必要ということになりますね。

でも、
その2Lをすべて「飲む水分」と考えなくても大丈夫です。
食べ物からも水分が得られます。

野菜や果物にも多くの水分が含まれていますし、
お米もご飯になると水を含むので
水分は約4倍に増えます。

また、
出て行く水分も多く
意外に思われるかもしれませんが、
意識しなくても体質は、
体質の中の水分量を一定に保ってくれているのです。

おすすめの水分補給のタイミングは
10時目覚めたとき・お風呂の前後・寝る前、
あとは喉が渇く前に少しずつこまめに飲むのが無理なく続けられますよ。

水道水は、
一度沸かした湯冷ましの方が有害物質が抑えられます。
お気に入りのミネラルウォーターを見つけるのもいいですね。
ジュースや甘い飲み物は嗜好飲料に分類されますので
楽しみ程度にしておきましょう。

水分を味方につけて
体質の中も外もきれいにしていきたいですね。

とっぴんぱらりのぷう


ホーム サイトマップ