■レーシック情報:あの松坂選手もレーシックを受けました

メジャーで大活躍中の松坂投手がレーシックをしようと思ったのは、松坂投手の先輩が実際に治療したのがキッカケらしいです。
このことは雑誌やテレビでも報道されているように有名な話なのです。 視力のことで悩みを抱えている人というのは世界中で非常に多くいらっしゃいます。
これまではメガネやコンタクトなどの補助器が使用されてきましたが、今ではレーシックによって視力回復をすることが出来るのです。
松坂投手のレーシックの手術の感想は「全然問題無いと言われていたし、治療はアッという間に終了して痛みも無かった」と報告をしています。
またレーシック手術後の感想としましては「全てがクリアに見えるようになり喜びを実感しています」と会見をしていました。

 

レーシックによって0.05だった視力が1.5まで回復した松坂投手はその後アメリカで大活躍をされています。
この活躍もレーシックをすることによって、視力が回復した効果もあるのではないでしょうか?



■レーシック情報:あの松坂選手もレーシックを受けましたブログ:2021-04-26

減量を成功させるためには、
適切な運動が効果的!

それは、運動することによって、
筋肉をつけ、消費するエネルギーの量を
増やすことができるからです。

でも、ただ闇雲に
運動すれば良いっていうもんじゃないみたいなんですよね。

時間によって、
減量の効果が
変わってしまうことがあるみたいですよ!

出来ることなら、午前中に
減量のための運動の時間を取り入れると良いそうです。

というのも…
運動をすると、しばらくの間、からだは熱を発生し続けます。
運動した後って、からだがポカポカしますよね?

からだがポカポカしているのは、
熱を発し続けている証拠でもあります。

なので、運動をやめてもしばらくの間は
脂肪が燃焼し続けているわけです。

通常、運動をやめてからも
約6時間くらいは脂肪が燃焼し続けているといわれています。

午前中に運動を行ったとすれば…
その後6時間というのは、
まだまだ活動的に動いているのが、通常のわたくしたちの生活リズムです。

だから、より脂肪が燃焼しやすい環境を
作り出すことができるわけなんです。

食べる事の時間との関係についても
チェックをする必要があります。

読者様は、
食後にいきなり運動をして、
横っ腹が痛くなった経験はありませんか?

食べる事直後の運動は、
内臓に大きな負担をかけてしまうんですよね!

食べる事をしてから、少なくとも2〜3時間は間隔をあけて
運動を始めるといいでしょう。

これくらいなら、胃への負担も少ないでしょうし、
お腹がすいているという状態でもないからです。


ホーム サイトマップ