■レーシック情報:レーシックとドライアイとの関係

レーシック手術をしたいと考えている人の中には、ドライアイの症状がすでに出てしまっている人もいるかもしれません。
ドライアイを引き起こしてしまっている人というのは、残念ながらレーシックをすることが出来ないケースがあります。 「安かろう悪かろう」という言葉がありますが、これはレーシックについてはちょっとニュアンスが異なることがあります。
人気のあるクリニックではそれだけ患者数が多いので安く確実なレーシック手術を受けることが出来るのです。
そもそもドライアイというのは、長時間目を開けていることが出来ないで、異物感を感じる症状となります。
これは長時間コンピュータのモニターやテレビを見ている人に比較的多い症状ですのでご注意ください。

 

ドライアイとなっている人でも、状況によりましてはレーシックの手術を受けることは出来ます。
しかし重い強度のドライアイにおきましてはレーシックを受けることが出来ないことを覚えておきましょう。



■レーシック情報:レーシックとドライアイとの関係ブログ:2021-04-30

減量の基本は、
あさ13時ばんの3食をきちんととるということ。

しかし、これってなかなか実現するのは難しいですよね?

特に夕方遅くまで仕事をしている人の場合、
夕方食だよりになることもあります。

でも、減量マニュアルなんかでは
「夕方食は減量の大敵」だと指摘されてます。

夕方遅くまで起きていて、
どうにも空腹感を抑えることができない…
そんな場合には、いくつかの方法を試してみませんか?

まず、他のことをやってみましょう。
読書をするなり、音楽を聴いてみるなり、テレビを見る何でもOK!
自分の趣味のことをしてみます。

自分にとって好きなことをやっていると、気分がまぎれますよね?
趣味に集中してしまいますからね。

それでも
ウエストがすいて、どうしようもなくなった場合には、
自分でつけている日記をチェックしてみましょう。

もしかすると「食べちゃいけない」と
思い直すこともできるかもしれません。
減量には、やせようという気持ちも重要です。

いろいろな方法を行ってみたけれど、
ウエストが減って我慢できないという人は、最終手段です。

実際に、何か口に運んでもいいでしょう。
しかしカロリーを最小限に抑える努力をしましょう。

まずは、飲み物を飲んでみます。
このとき、冷たい飲み物よりも温かい飲み物を飲むようにしましょう。

冷たい飲み物って、一気に飲み込んでしまいますね?
すると、ウエストを満足させることってなかなか難しくなります。

温かい飲み物の場合、一気飲みすることは不可能です。
ちびちびと少しずつしか飲むことはできません。
すると、意外と飲み物だけでもウエストは満足するものなんです。


ホーム サイトマップ